理系男子の自己改革日記

言語化するのって難しい。

WF-SP700Nを勧める記事。

今さらですが、SP-700Nをおすすめします!

以前WF-1000xを購入しその素晴らしさに感動したのですが、

 

 

es345ocean.hatenadiary.com

 

 

その数ヶ月後に発売された後継機、WF-SP700Nを購入しました。

 

 

 

 

夏休みに、旅行先でWF-1000xを無くしてしまったのです。泣けます。

 

 

 

 

 

充電ケースのサイズ感比較。

左がWF-1000x、右がWF-SP700N。

f:id:es355Ocean:20181003033744j:plain

 

開けると。

f:id:es355Ocean:20181003033922j:plain

 

イヤホンたち。

f:id:es355Ocean:20181003033947j:plain

 

 

 

フルワイヤレスイヤホンならではの魅力や、WFシリーズが持つノイズキャンセリングやAmbient Sound(外音取り込みモード)の強みは、上の記事に挙げたようなものがこちらのイヤホンにもそのまま当てはまりますが、WF-SP700Nはスポーツモデルということで、さらに

 

 

・防滴性能

・激しい運動をしたときにも、耳から全然外れない、しっかり固定感

 

この二つがWF-1000xとは大きく違います。

 

 

それと、EXTRA BASSで重低音強めです。これはかなり気持ちいいです。最高です!!

 

僕みたいに、ベースブリブリ系の音楽を聴きながらウェイトトレーニングしたいタイプの人間には最高のイヤホンです。ノイズキャンセリングも素晴らしいので、他のトレーニーが立てる音も気になりません。

 

 

 

 

あとは、スマホなどのBluetooth端末から親機の左耳イヤホンに送信され、それが右耳イヤホンに送られる通信形式だったWF-1000xと異なり、WF-SP700NはスマホなどのBluetooth端末から、右耳左耳それぞれのイヤホンが個別にBluetooth通信のやりとりをする通信形式になっています。(airpodsと同じ)

 

僕は旅行先で、WF-1000xの左耳のイヤホンのみをなくしたのですが、親機の左耳イヤホンがないと、右耳イヤホンが残っていても右耳イヤホン単独で音楽を聴くことはできません。悲しい。😢

なので、通信方式が変わったことはナイスだと思います!

 

 

これにより、周囲の環境音も聴きたいから片耳だけに装着したい、なんて人も、

 

WF-1000xでは左耳しか選べなかった(or左耳イヤホンをポケットに入れつつ、右耳イヤホンを装着する)のですが、

 

右耳左耳どちらか一方を装着し、もう一方は充電ケースに閉まったまま片耳で音楽を聴くことが可能になりました!

 

 

 

 

一つだけ注意点があるとすれば、低音重視のため、イヤホン自体がWF-1000xよりはかなり大きいサイズになっていることですかね。重さも2倍ほどだったと思います。

当たり前ですが、購入する前に試聴させてもらいましょう!!

僕は見た目は気にならなかったので即買いしましたし、2時間近くウェイトトレーニングする間にずっと装着していても、重さで疲れることもありませんでした。

 

 

ほんとフルワイヤレスイヤホン素晴らしいですね。

 

最近駅で、耳からうどんを垂らしているAirpodsを装着している人を多く見かけますが、ノイズキャンセリングもないし、防滴性能もない(し、Apple製品にしてはなんだか残念な見た目の)Airpodsのシェアがなぜ増えているのか、というのがWF愛好家としては悔しくてなりませんね。SONYさん頑張ってほしい…!

 

SP700Nの発売が4月なので、来年にはまた後継機が出そうですね!さらなる進化が楽しみです。

マイプロテインで買い物②。リストストラップおすすめです!!装着方法もメモ

マイプロテインで買い物するのにも慣れ、3回目になりました。

大抵セールをやってるので、ディスカウントコードを入力すれば30%から40%の割引が見込めます。

セール時期を教えてくれるアカウントをTwitterでフォローするといいかもしれません。

 

twitter.com

 

 

僕は、こちらの「ボディメイクスペシャリスト 久野圭一」さんのLINEアカウントをフォローしています。マイプロテインのセール時期になると教えてくれるだけでなく、マイプロテインのサイトに載っているディスカウントコードよりも割引率の少し高いコードを教えてくれます。

 

 

f:id:es355Ocean:20181002162241j:plain

 

さて、今回は、プロテイン6kgとリストストラップを購入しました。

 

f:id:es355Ocean:20181002161654j:plain

 

緩衝材。

 

f:id:es355Ocean:20181002161748j:plain

 

割引前の購入総額が1万円程度の買い物をすると、売れ残りおすすめアイテムのプレゼントがあります。今回はCLA(共役リノール酸)らしく、上に転がっているボトルがそれです。

 

 

 

今回買ったのは、

 

 

リストストラップ

IMPACT WHEY PROTEIN ナチュラルストロベリー5kg

IMPACT WHEY PROTEIN ソルティッドキャラメル1kg

それと、おまけのCLA。

f:id:es355Ocean:20181002163625p:plain

 

 

 

並べるとこんな感じ。

 

f:id:es355Ocean:20181002163020j:plain

 

 

 

34%の割引が効いたので、4946円引かれて8794円の買い物でした。

 

f:id:es355Ocean:20181002163717p:plain

 

プロテインを買うだけなら、5kgパックのみを買った方が1kgあたりの価格は圧倒的にお得なのですが、塩キャラメルフレーバーに興味があったので1kgで試してみました。

ナチュラルストロベリーを牛乳で割ったときの「イチゴ味のカプリコ」 的な甘さと比べると、ソルティッドキャラメルは塩気もあってスッキリした感じです。

結構泡立ってクリーミーな感じになりますね。体が甘さを欲しているときとそうじゃないときで使い分けようと思います。

 

だいぶ情報量の増えたキッチンデスクの上。笑

f:id:es355Ocean:20181002171919j:plain

 

 

 

そして、今回の本命はリストストラップ。

 

 

https://twitter.com/Away_Now_/status/1042730101786333186 

 

 

届いた日は嬉しくて、装着して寝ました。笑(装着する向きが逆になっている)

 

使ってみたのですが、めちゃくちゃいいです!

f:id:es355Ocean:20181002164604j:plain

 

部活ではゴールドジムのリストストラップを使っていたのですが、マイプロテインのこちらのリストストラップと違って、手首部分の厚さが巻きつける部分と同じなため手首に食い込んで痛かったです。

 

こうして自分用のリストストラップを購入し、共用の汗の匂いが染み付いたリストストラップを使う必要がなくなったことで、精神的にも好作用です!!

 

このリストストラップのおかげで、デッドリフトは手首に食い込んで嫌だしなぁ。。と億劫になることがなくなりました。

 

 

付け方を雑に説明すると、

 

①輪っかの部分に先っぽを通します。ロゴの向きは逆でも構いません。

f:id:es355Ocean:20181002170104j:plain

 

②手首に通します。

f:id:es355Ocean:20181002170309j:plain

なお、このときのロゴの見える向きは①で輪っかに通した向き次第で変わります。

上の付け方だと、腕時計を見る感覚で手首を見ると逆向きに見えてしまうのですが、腕を下ろして鏡を向いたとき(デッドリフトするとき)に、正しい向きに見える感じが好きです。

 

手のひら側から見るとこんな感じになるように手首に通しましょう。手のひらを上に向けたときに、小指側から親指と人差し指の間にリストストラップの先端が向かうように装着します。

f:id:es355Ocean:20181002170343j:plain

 

③もう一方の手で引っ張り、緩みや痛みがないか確認します。(引っ張りながらだと写真が撮れないのでボトルで勘弁)

f:id:es355Ocean:20181002170502j:plain

 

④ ①〜③をもう一方の手に対しても行います。

 

⑤バーベル等にリストストラップを巻きつけていきます。手の位置から、体の中心に近づく側に向かって、巻いていきます。

f:id:es355Ocean:20181002170848j:plain

 

⑥バーベル等を持ち上げます!

 

 

巻く向きを間違えると、うまく重量が上がらないはずです。これは違うな、しっくりこないな、と思ったら、向きを確認してみてください。(手首の内側、外側のどちらから先端を飛び出させるのか、バーベルに対して上から巻くのか、下から巻くのか。手首の外側から先端が飛び出るように装着し、バーベルに対して下から巻きます。)

 

 

500円しない程度のリストストラップでQOLが上がってしまったので、おすすめです!マイプロは学生の味方ですね〜。

ロボットアームをつくろう。①Arduinoから複数のサーボモータを動かす!

注:かなり初心者向けの内容になるかと思います。強い人は優しく見守ってくださいね。

 

ロボットアームを作りたい!→動力はサーボモータってやつでまかなうっぽいぞ!→マイコンボードから動かそう!

 

ということで、いくつかのサイトを参考にして、Arduinoからサーボモータ1個を直接繋いで動かすことはできたのですが、

 

f:id:es355Ocean:20180930173050p:plain

(こんな感じ。)

 

 

 

複数個のサーボを動かすとなると、Arduinoからの電力供給では厳しいので外部電源を使おうね。というようなことが大抵の記事に書いてあった気がしたので、これを使うことにしました。

 

www.sengoku.co.jp

 

 

こちらの電源モジュールは、

・入力電圧:6.5~12V(DC),5V(USB)

ということなので、サーボを動かすために必要かな、と思って4個くらい買っておいた5VのDCアダプタはこの電源モジュールには使えないということがわかりました。。笑

 

 

ということで、手持ちの9VのDCアダプタから電源モジュールを通じてブレッドボードに電圧を供給してみます。

先ほどはArduinoの5V端子とGND端子に接続していたサーボの赤ワイヤと黒ワイヤを、そのままブレッドボードの+と-に接続しました。

(Fritzingで電源モジュールっぽいものが見つけられなかったので、この実体配線図は電池で代用しました。電池には9Vと書かれていますが、電源モジュールによって5Vまたは3.3Vに変換されます。今回は5Vになるようにピンを刺しています。)

 

f:id:es355Ocean:20180930174113p:plain

(こんな感じ。)

 

 

すると、先ほどまでArduinoから直接繋いでいた時は動いていたサーボが、思うように動きませんでした。

 

友人に相談してみると、サーボとArduinoのGNDを繋ぐ必要があるそうです。(電圧の基準を共通化する感じ?)

 

ということで下の写真のように、ArduinoのGND端子とブレッドボードの-を白いワイヤで繋いでやると、無事サーボを動かすことができました。

 

 

f:id:es355Ocean:20180930173430j:plain

 

電源モジュールからサーボに電力を供給することができたので、2つ目のサーボもつけてみます!

 

 

f:id:es355Ocean:20180930174843j:plain

 

(いろいろと関係ないものが写っていますが。。。)

 

 

コードはこんな感じ。

 

 

#include <Servo.h>

Servo myservo0, myservo1;

void setup() {
myservo0.attach(9);
myservo1.attach(11);
}

void loop() {
myservo0.writeMicroseconds(1000);
delay(1);
myservo1.writeMicroseconds(1000);
}

 

(はてなブログでコードを埋め込む方法がわからない。。)

 

 

友人によると、Arduinoの動作を記述する言語(Arduino Language?)は、CやC++Javaを合わせたようなものらしく、だからこんなふうにC言語っぽい #include 宣言をしたり、C#っぽい(オブジェクト指向の)書き方ができるんだなぁと納得しました。

 

 

僕が多少知っている、C言語C#との類推でこのコードを解説すると、

#include <Servo.h>

サーボモータを動かすための関数やクラスを使うための手続きをし、

Servo myservo0;

でmyservo0という名前のServo型のクラスのインスタンスを生成し、

myservo0.attach(ピン名);

サーボモータ(myservo0)のSIG端子と接続するArduinoのピンを指定し、

myservo0.writeMicroseconds(1000);

サーボモータを最小角まで動かしています。

 

 

Arduino 日本語リファレンス

友人に、ここを見るといいよ、と教えてもらいました。

 

このページを参考に、writeMicrosecondsの引数を1000から2000まで動かしてみたのですが、どうも僕が今回使っているGWS Micro 288MGは180度の範囲を動かないので、ここに書かれている「標準的なサーボ」とは違うようです。

 

 

 

Arduino 日本語リファレンス

ここを見ると、サーボの角度を0度に指定するときの引数がデフォルトで544、180度に指定するときの引数がデフォルトで2400と書いてあったので、544に指定した後に2400に指定すると、確かに180度ほど回転しました。

 

 

同様に3つ目のサーボにも同じ電源モジュールから電力を供給して動かしてみましたが、問題なく動きました。

 

しかし、4つ目のサーボを繋げると、プログラムの通りの動作(期待していた動作)はしてくれませんでした。

 

電流が足りないとかそういう話なのか、プログラムにもっと工夫が必要なのかはわかりませんが、とりあえずそんな感じでした。

今回使っている9VのDC電源は1.3Aの電流を供給します。

電源モジュールPOW533BBの出力電流は最大で700mAらしいので、ブレッドボードから4つのサーボを並列につなぐと1個あたり180mAとかそんな感じですかね。

GWS Micro 288MGサーボの必要とする電流がどれくらいなのかわかりませんが、これを上回ってるってことなのかもしれませんね。

 

とにかく、Arduinoと外部電源のGNDを繋ぐという発想がなかったので、同じようにつまづいた方の参考になればいいな〜と思ってメモを残しておきます。

トレーニーと1馬力

1馬力とは、75kgfで1m動かす仕事を1秒間ですることのできる能力(仕事率)のことを言う*1そうです。

 

kgf...キログラムフォース。質量1kgの物体にはたらく重力のことをいい、

1[kgf] = 1[kg] ×9.8[m/s²} = 9.8[N]

仕事...単位はJ(ジュール)。J=Nm=kgm/s²。仕事率は単位時間(つまり1秒)あたりにできる仕事の量で、単位はW(ワット)。W=J/s

 

 

75kgfの力を出すためには、重力に逆らって75kgの質量をもった物体を持ち上げる必要があり、単に75kgの物体を水平方向に転がしたりするのではNGです。

 

 

 

例えばクリーンという種目。(パワークリーン、ハイクリーンなどいろいろな呼ばれ方がありますが、ここではクリーン系種目のバリエーションや分類についてはスルーします)

 

youtu.be

このように、脛から首元までバーベルを持ち上げます。

脛から首元までの鉛直方向の距離が1mあるとすれば、1秒間以内に75kgのウェイトでクリーンができれば1馬力達成です。

僕は75kgが最高値だったのでちょうど1馬力だ…と思っていたのですが、挙上に要する時間までは測ったことがありませんでした。

もし75kgを0.8秒で持ち上げることができれば1.25馬力、0.5秒で持ち上げられれば2馬力です。

 

昨日と今朝にウェイトした分の筋肉痛が引いたら、ストップウォッチを持参して僕や友人の挙上時間を測ってみようと思います!

 

自分にできる仕事率の大きさを正確に求めたければ、

仕事率(W) = 挙上重量(kg) × 9.8(m/s²) ×重力に逆らって鉛直方向に移動した距離(m) ÷ 挙上に要した時間(s)

ですね。

 

ベンチプレス100kgを40cm上げるのに1秒かかったとしたら、

100 ×9.8 × 0.4 ÷ 1 = 392(W)

という感じ。

これを75で割れば馬力が求まるので、

392 ÷ 75 = 5.2266...

となり5馬力を超えます。

 

デッドリフト160kgを70cm上げるのに1秒かかったとしたら、

160 × 9.8 × 0.7 ÷ 1 = 1097.6(W)

なので馬力は

1097.6 ÷ 75 = 14.63466...

 

馬、案外ちょろくね?

 

皆さんも得意な種目で挙上距離と挙上時間を計測して、俺、実は〇〇馬力の男なんだよ、と自慢しちゃってください!!

 

 

【追記】

1馬力とは、75kgfで1m動かす仕事を1秒間ですることのできる能力(仕事率)

ではなく

75kgfで1m動かす仕事を継続的に行うことのできる能力(仕事率)

でした。

仕事率についてよくわかっていませんでした。。。

 

となると、上のように簡単に1馬力を名乗ることはできなくなってしまいました。

「え?クリーン75kgを1時間に3600回やれって?そんなの楽勝じゃん!」と言えるような超絶絶倫筋持久力を持った人とかじゃないと無理ですね。。

さすが馬。参りました。

 

 

〜完〜

*1:嘘でした。許してください。

思ったことメモ1

プログラミングって難しいですよね。

現実の世界は、RPGみたいに、自分のレベルに合わせて敵も少しずつ強くなっていく(常にラーニングゾーンでいられる)わけじゃないから、
パニックゾーンで溺れまくったり、コンフォートゾーンに逃げたりしがちだなあ、
このふたつを避けるための選択が大事だなあと思いました。

最初は無知なので、何を見てもどこを調べてもわからない用語や概念しかなくて(パニックゾーン)、それを数ヶ月続けていると少しずつコンフォートゾーンが広がっていくのですが、やっぱりそれってストレス高い。

・いいメンターを見つける
・プライドを捨てて、まずは超絶初心者向けのコンテンツから始めて、徐々にレベルを高めていく

このへんをうまくやって、できるだけ常に自分をラーニングゾーンに置けるようにする力が大事だなと思ったのでここに記す。

最初からXamarin Universityを選んだのはすごく大変だった。笑

the HIATUSの「紺碧の夜に」とお盆

現在大学2年生の夏休み中です。

 

2週間ほど九州に帰省していました。

祖父の初盆だったので、盆踊りでは一族総出で踊り狂い、暇な時間を見つけては毎日のように墓参りに行きました。

 

the HIATUSという大好きなバンドに「紺碧の夜に」という曲があり、1番Aメロの歌詞は次のようになっています。

 

 

きっと

にじみ出すような

思い出の中に

君が残した

かけらは咲いて

 

ずっと

忘れないように

花の景色に

消されないように

 

 

中学生のときから何度も聴いておきながら、これって何について歌ってるのだろう?と思っていたのですが、

愛する人に先立たれて悲しいけど、それでも生きていく、という歌なんだろうな、と祖父を亡くしてから僕は思うようになりました。

 

 

花の景色というのは、お葬式で遺影の周りに飾られた花や供花、告別式の棺桶の中に入れる花のことを指してるんだろうな。

 

仏壇の前では、遺影のまわりに花や果物が並べられていて、遺影の笑顔を見ていると、その顔の印象ばっかりが強くなってしまうけど、

 

生きていたときのいろんな表情や仕草や話した内容、教えてくれたこと、見守ってくれたこと、応援してくれたこと、愛してくれたこと、自分の中に確かに残っているその人とのたくさんの思い出、かけらを忘れないように。

 

君が残したかけらが、これからの自分の糧となりますように。

 

この曲を聴くとそんなことを思って涙が出てしまいます。

 

 

細美さんがそんな思いでこの曲を書いたという確証はないけど、多分そうなんじゃないかな。

もしそうなら、同じ感覚を持った人がいるという意味で俺は孤独じゃないな、と思えました。

 

 

2番のサビの最後で、

 

僕らは

月の影にそって

歩き続けるんだ

 

と、1番のサビにはなかった「歩き続けるんだ」というフレーズが入るのが、この曲のすごい良いところだなと思います。

 

永遠なんてない。別れは必ずある。

それでも生きていく。

 

そんなふうに思うための手助けをしてくれる曲です。

 

 

それにしても、なんで昔の人は、先祖の霊がお盆のたった数日だけ帰ってくる設定にしたのかなあ。

毎日そばで見守ってくれる設定でいいじゃん。

と思わずにはいられません。寂しいよね。

なので僕は、

 

 

紺碧の夜を

見上げて君に会える

 

 

に従って、じいちゃんの助けを借りたい時は紺碧の夜を見上げようと思います。

 

これからの人生で、またいつか大切な人を失っていくんだろうけど、きっとそのときにはまた、この曲が僕にとって力になってくれるはずです。

最近機械工学が楽しい

コンビニも信号もない、小学校の同級生は自分含め6人、複式学級は当たり前、そんな大分のど田舎で育った僕が、天神・博多の街の駿台福岡校で1浪してまで、東工大4類に行きたかったのは


池上彰に文系教養を教わりたかった
・周囲の人みんなが自分を守ってくれる田舎ではなく、自分を成長させてくれるであろう都会で、それも東京で大学生活の4年間を過ごしたかった
・受験の時点で学科まで決めたくなかった(学科を決めずに入学する形式を取っている国立大学は、理工系では東大か東工大だった)
・4類なら他の類に比べて、いろんな選択肢を残せる


からであって、機械工学に特に興味があるわけではなかったのですが、現役、浪人の2年とも東工大とは縁がなく、僕は後期で受験した、横浜の某国立大学の機械工学科に入学しました。

 

 

そんな関係の僕と機械工学ですが、最近は楽しくなってきました!

今自分でゼロからロボットアームを設計中なのですが、設計には

①設計の力(仕様、もたせたい機能をどういった構成で実現するか的な発想、強度計算に必要な4大力学についての知識…etc)

だけでなく、

②材料についての知(材料の特性や入手しやすさ、各材料に適した加工法など)

③加工についての知(汎用工作機械の使い方、加工で得られる精度、その形状は実際に作ることができるのか的な加工センス)

の3つが必要だ、と授業で教わったことの意味がわかってきました。

 

はじめは外装は3Dプリンタでプリントしようと構想していたのですが、3Dプリンタで作る、という加工法を決めると、3Dプリンタのプリント可能サイズにより、作れる部品の大きさに制約が生まれます。これを無視した設計は全て無意味なものになってしまいます。アルミ板を使うなら、市販のアルミ板の厚みを確認せずに設計していると、同じく机上の空論になってしまいます。

 

学校の課題では、各部品の材料も指定されており、実際に作ることはないので加工法を考える必要もなく、ただ求められた形状のモデリングと図面を製作するだけで、こんなふうに現実的なことを考えたことはなかったので、自分にとってまったく新しい経験で楽しいです!!

 

大学のロボコンサークルに入ったりしていろいろ教えてもらえば、もっと効率よく作れそうな気もしますが、自分で作りたい気持ちの方が強いので詰むまではこのままでいこうと思います。

 

もう少し進捗があれば、このロボットアームについてもエントリ書こうと思います!

 

 

 

関節部分のサーボの駆動をどうするか、すごく考えていたのですが、サーボモータ用のブラケットという部品があるんですね。。。

探してみよう。